婚約指輪・結婚指輪・真珠・時計・メガネ・補聴器のベル・スズキ|千葉県山武市                サイトマップ プライバシーポリシー
ベル・スズキ
ホームブライダル真珠時計メガネ補聴器
                                                                               2017-04-08
スタッフブログ


更新情報



携帯用地図QRコード
  ホーム補聴器(試聴サービス実施中)>補聴器とは
どのくらい聞こえていますか?耳について補聴器とは
補聴器をひと言でいうと、「音響エネルギーを電気エネルギーに変換し、増幅して、また音響エネルギーに変換する器械」です。

・アナログ補聴器
マイクロホンから入ってきた音声(アナログ)信号を補聴器内でそのまま増幅し、イヤホンから出力する補聴器です。


・デジタル補聴器
最近は『デジタル補聴器』が主流となってきました。
従来の『アナログ補聴器』との違いは、入ってきた音声(アナログ)信号を一度デジタル信号処理し、再び音声(アナログ)信号に変換して出力しているところです。

そのデジタル信号処理の過程において、音の明瞭度や聞き易さの改善などの複雑な処理が瞬時に行われ、おひとりおひとりの耳の状態や周囲の環境にあった聞こえを実現させています。
ひと言でいうならば、「高度かつ複雑な処理能力を持った高性能パソコンを小型化し、それを搭載させた補聴器」がデジタル補聴器です。

デジタル補聴器の利点

☆雑音を抑え、人の声がより聞き取りやすくなります。(騒音制御+語音強化システム)
これまでの補聴器の最大の問題点は雑音の多さにありました。聞きたい音を大きくすると、まわりの雑音も大きくなってしまい、うるさくて耳が疲れるという方も多かったようです。
しかし、現在のデジタル補聴器は、語音と雑音とを別々に処理し、雑音を最小限に抑えることができるので、とても静か。人の声がより聞き取りやくなりました。
初めての方でも慣れやすく、安心。またこれまでの補聴器ではガーガー響いて慣れられなかった方にも、是非デジタル補聴器の自然な聞こえをお試しいただきたいと思います。

☆操作が必要ないので、簡単です。(自動音量調整機能と電池アラーム)
使う方にとって、いつも快適な聞こえが得られるよう、まわりの環境に合わせてボリューム(音量)が自動で調整されます。デジタル補聴器の多くは、操作が不要な全自動タイプですので、初めての方でも簡単にお使いいただけます。
また、電池の残量が少なくなってきたら、電池アラームでお知らせするので、突然の電池切れであわてる心配がなく安心です。

☆気になるピーピー音(ハウリング)をおさえます。(自動フィードバックマネージメント)
ピーピー音(ハウリング)は、レシーバーから出た音がマイクロホンに再度戻ってくることによって発生します。補聴器の形が耳に合っていなかったり、食事であごを動かして補聴器がずれた場合などに起こりやすくなります。
デジタル補聴器には、ハウリングの原因を自動的に抑える機能があり、不快なピーピー音を軽減してくれるので、いつでも快適です。

☆聞こえ具合の調整の柔軟性があります。(コンピューター・フィッティングによる調整)
補聴器を使う方の聴力や聞こえ方には個人差があるため、お使いになる環境や聞きたい音に合わせて補聴器を調整する必要があります。デジタル補聴器は、コンピューターで調整を行うので、必要に応じて、音質や音量を細かく設定でき、小さな音から大きな音、低い音から高い音まで、一人ひとりが満足のいく聞こえを得ることができます。



聴力のレベルと適合する補聴器のタイプ
 軽度   聴力レベル25〜40dBの軽度難聴
 中度   聴力レベル40〜70dBの中度難聴
 高度   聴力レベル70〜90dBの高度難聴
 重度   聴力レベル90以上の重度難聴

耳あな形(スーパーミニ)
耳あな形(カナル)
耳あな形(カスタム)
耳あな形(既製)
小型耳かけ形
耳かけ形
ポケット型

補聴器試聴サービス実施中


婚約指輪・結婚指輪・真珠・時計・メガネ・補聴器のベルスズキ|千葉県山武市


| 店舗案内 | お問い合わせ | プライバシーポリシー |

交通手段でお困りの方は、送迎いたします。お気軽にご相談くださいませ。
対象エリア:山武市・東金市・九十九里町・横芝光町・芝山町

Copyright © 2009 Belle Suzuki All Rights Reserved.